夢は大きく、出費は小さく

社台・G1サラブレッドクラブで一口馬主を細々とやってます。夢は大きくG1制覇!※クラブHPの記事・愛馬情報、画像は社台サラブレッドクラブ、G1サラブレッドクラブの許可を得て転載しています(黄色文字で記載)。他への転載はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

レオニーズは3着

2015年04月04日 美浦TC
4月4日(土)中山・安房特別(芝2500m・ハンデ54kg)に田中勝春騎手で出走、馬体重は前走から4kg減の496kgでした。スタートから押していきましたが無理に位置を取ることはせず、後方に控えて最初の3~4コーナーへと入っていきました。道中は縦長で流れる展開で、後ろから4~5頭めの位置を追走しました。3コーナーでレースが動き始めて馬群が凝縮し、内めを手応え良くまわって直線へ。内めから大外に切り返し、坂を駆け上がってから鋭い伸びを繰り出しましたが3着に上がったところがゴールでした。勝ち馬からはハナ、1/2馬身で、負けてしまったものの昇級戦ということを考慮すると内容の濃い1戦でした。
騎乗した田中勝春騎手は「道中は折り合いも取れていい感じでしたが、3~4コーナーで内にもたれてしまいました。それがなければもう少し離されずに済んだはずです。以前よりもコントロールがしやすくなって、これぐらいの距離でも対応できるようになりました」とコメントしています。
また、小島茂之調教師は「早めに仕掛けていくのかなと思っていましたが、追い出しを待ったことで切れ味を引き出してくれました。追い出しのタイミングが早くても遅くても、長い距離なら安定して走れることが分かりました。今年に入って今日が4走めですし、まだ頑張ってもらわなければなりませんので、ここで一服を挟みたいと思います。状態をみて、東京の芝長距離レースを狙っていきましょう」と話していました。週明けに美浦TC近くの外厩・セグチレーシングステーブルへ放牧に出る予定です。


直線入り口では絶望的な位置でしたが、良く脚を伸ばして僅差の3着でした。能力的にこのクラスでも通用することが確認できましたし、一息入れての更なる躍進を期待したいですね。距離延長で左回りを克服できれば更にいいのですが。
スポンサーサイト

レオニーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ウィークリーサマリー | ホーム | シークプレジャー(ワールドリープレジャーの13)近況>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。