夢は大きく、出費は小さく

社台・G1サラブレッドクラブで一口馬主を細々とやってます。夢は大きくG1制覇!※クラブHPの記事・愛馬情報、画像は社台サラブレッドクラブ、G1サラブレッドクラブの許可を得て転載しています(黄色文字で記載)。他への転載はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ノーブルコロネット、直線伸びるも6着

2014年11月22日 栗東TC
 11月22日(土)京都・衣笠特別(芝1800m・牝馬限定戦)に55kg池添騎手で出走し、馬体重は7月の前走から+14kgの498kgでした。スタートでやや遅れて、後方2番手からの競馬となりました。一旦は最後方に下がるも、ふたたび後方2番手のポジションで3コーナーへ。外からジワッと押し上げて、直線では馬場の大外を鋭く伸びました。上がりの競馬で前を捉えるまでにはいたりませんでしたが、出走馬中最速タイの上がり3F33.4秒という脚を繰り出し、勝ち馬からは0.5秒差の6着でゴールしています。
 レース後、池添騎手は「スタート直後に挟まれたことで、ポジションが後ろになってしまいました。それがなければ、もう1・2列前でレースができたはずで、終いは切れのいい脚を繰り出しただけにもったいなかったです。道中は多少ハミを噛みましたが、我慢は利いていました。この距離でも問題ないと思います。以前よりも良化がうかがえますし、すぐにチャンスは巡ってくるでしょう」、
 松永幹夫調教師は「いい脚で追い込んできましたね。馬体を含めて確実に良くなっていますし、これならばと思わせる内容でした。今後については、状態や出走状況を見ながら決めますが、阪神の芝1600〜1800m戦に向かえれば向かいたいですね」と話してくれました。


直線はいい脚で伸びてきましたが、如何せん位置取りが後方すぎました。叩いた次走に期待しています。
スポンサーサイト

ノーブルコロネット | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ウィークリーサマリー | ホーム | ノーブルコロネット、衣笠特別出走>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。