夢は大きく、出費は小さく

社台・G1サラブレッドクラブで一口馬主を細々とやってます。夢は大きくG1制覇!※クラブHPの記事・愛馬情報、画像は社台サラブレッドクラブ、G1サラブレッドクラブの許可を得て転載しています(黄色文字で記載)。他への転載はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

湯浜特別は4着

10013_00002879_convert_20130716114009.jpg
2013.07.13 函館競馬場

2013/7/13 函館競馬場
 7月13日(土)函館12R・湯浜特別(芝1800m・牝)に三浦騎手で出走し、馬体重は休養前の前走から+14の474kgと馬体はある程度回復していました。レースでは、五分のスタートを切ると、無理せず控えてインコース4,5番手あたりで脚を溜めていきました。道中は折り合いに専念してなだめながら追走、横並びの先団グループのすぐ後ろで4コーナーを回りました。直線で追い出すと、切れる脚は見せられなかったものの、前が開くとジリジリ最後まで伸び続け、最後はスローペースを逃げ切った勝ち馬から0.4秒差の4着と掲示板を確保しています。騎乗した三浦騎手は「いままで短めの距離を使っていたので、道中スローペースだったこともあり前半は力んで走っていました。それでも何とか我慢できていましたし、最後も伸びていますので、距離は何とか持つと思います。ひと叩きされて次走はもっと反応が良くなってくれると思います。」とコメントしており、また松永幹師は「輸送で減らした馬体もある程度戻っていましたし、良化途上のところもありますので、次はさらに良くなると思います。レース後の状態が問題なければ、もう一度8月4日(日)函館・十和田湖特別(芝1800m・牝)を目標にしていきます。」と話していました。


最内をつく騎乗をすれば際どい勝負になったと思いますが、勝つまでは厳しかったかもしれません。猪鹿蝶さん出資のフロアクラフト号との一騎打ちを想像していましたが、残念な結果でした。姉を見ていると、使って良くなるタイプではなく、1~2戦でリフレッシュしたほうがいいのかもしれません。同条件で続戦なので好結果を期待していますが、無理使いは避けて欲しいところです。
スポンサーサイト

ノーブルコロネット | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<やる気が感じられない | ホーム | ストライキングアイ近況(7/12)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。