夢は大きく、出費は小さく

社台・G1サラブレッドクラブで一口馬主を細々とやってます。夢は大きくG1制覇!※クラブHPの記事・愛馬情報、画像は社台サラブレッドクラブ、G1サラブレッドクラブの許可を得て転載しています(黄色文字で記載)。他への転載はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ステアトゥヘヴン、捲り不発

2013/6/1 美浦TC
 6月1日(土)東京8R・ダート2100m戦に吉田豊騎手57kgで出走、馬体重は2kgマイナスの520kgでした。レースはスタートダッシュがつかず、中団より後ろの外めを進みました。3コーナー過ぎより仕掛け気味に順位を上げていき、直線では懸命に追う吉田騎手のアクションにこたえて一時6番手まで上がりましたが、ゴール前で後続に交わされて9着の入線、勝ち馬とは1.6秒差でした。レース後、吉田豊騎手は「きょうは前へ行くつもりでしたが、トモを落としたところでゲートが開いて、位置取りが後ろになってしまいました。具合が良かったので、向こう正面から動いていきましたが、外を廻らされた分、最後の切れが鈍ってしまいました。体が伸びてしまうところは残っており、芝だと苦しいのでしょうが、ダートであればカバーできるものです。口向きに関しては全く問題はありませんでした」とコメントしています。また鈴木伸尋調教師は「具合は良かったですし、前に付けることさえできれば、持ちこたえてくれたはずと思っています。とにかく具合はいいので、このまま在厩して6月22日(土)東京・小金井特別(ダート2100m)を目指したいと考えています」と話していました。
2013/6/5 美浦TC
 レース後も変わりありません。鈴木伸尋調教師は「ゲートでトモを落としてしまったことが響きました」と話しており、状態面では問題がないため、続戦します。6月22日(土)東京・小金井特別(ダート2100m)に出走を予定しています。


降級戦なので多少期待していましたが、9着。懲りずに次ぎもD2100の予定・・・そろそろダート挑戦はひと段落として、芝に戻して欲しいところです(出来れば1400~1600くらい)。
スポンサーサイト

ステアトゥヘヴン(引退) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<測尺(社台TC) | ホーム | オールドバルディー近況(5/31)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。