夢は大きく、出費は小さく

社台・G1サラブレッドクラブで一口馬主を細々とやってます。夢は大きくG1制覇!※クラブHPの記事・愛馬情報、画像は社台サラブレッドクラブ、G1サラブレッドクラブの許可を得て転載しています(黄色文字で記載)。他への転載はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

パヤドール 2戦目は3着



2011/3/5 美浦TC
3月5日(土)中山・ダート1800m(牝馬限定戦)に横山典弘騎手54kgで出走、馬体重はプラス2kgの454kgで、2番人気でした。スタートを決めてハナをうかがい、単騎逃げの形に持ち込みました。スローペースで流れていきましたが、3コーナーではいったん外から交わされて厳しい展開となり、4コーナーではまた先頭を奪い返して直線勝負に入りました。しかし、外から伸びてきた勝ち馬に一気に突き放されてしまい、その後は何とか粘り込んで3着での入線でした。勝ち馬からの着差は1馬身1/4+1馬身1/4、タイム差で0.4秒でした。レース後、横山典弘騎手からは「ペースは遅かったのですが、2コーナーで早くも横からこられてしまい、展開は楽ではなかったです。それにきょうは少し馬が硬かったように感じました。4コーナーでは物見をして外へ逃げ気味でしたので、内ピッタリは通らずにフワッと乗ってきました。まだ2戦目ですし、距離が長かったとは思いません。1800mがベストとはいえませんが、どりらかといえば1200mのほうがベターな感じといったところです」とのコメントがありました。また、鈴木康弘調教師は「中山のダートは1200mと1800mしかなくて、1200mでは選択肢が少なくなると思って今回は1800mを使ってみました。今後は馬の状態をみてからですが、入厩してから一度も放牧に出していないので、ここらあたりでリフレッシュ放牧させることも考えてみます」と話していました。


残念ながら今回も初勝利はお預けとなってしまいました。
勝ちあがれる能力はあると思うので、しばしの休養の後、再起を期待します。
スポンサーサイト

パヤドール(引退) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<パヤドール近況 | ホーム | パヤドール2戦目>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。