夢は大きく、出費は小さく

社台・G1サラブレッドクラブで一口馬主を細々とやってます。夢は大きくG1制覇!※クラブHPの記事・愛馬情報、画像は社台サラブレッドクラブ、G1サラブレッドクラブの許可を得て転載しています(黄色文字で記載)。他への転載はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ファイブタブレット3着確保

2013/3/16 美浦TC
 3月16日(土)中山・ダート1800m戦に丸田騎手56kgで出走、馬体重は11月の東京戦から6kg増の488kgでした。スタートしてから押して行き、5~6番手の内となりました。向こう正面で8番手になりましたが、変わりなく内のポジションで進めました。ペースが上がったところでも問題なく対応し、そのまま最内を通って直線へ。前の2頭から離されたものの、最後までしっかりと脚を伸ばして3着で入線しています。逃げ切った1番人気の勝ち馬からは0.9秒差でした。レース後、丸田騎手は「チークが効いていたみたいですね。初めて乗ったので前とは比較できないけど、極端に悪い感じはしませんでした。ただ要所要所でハミが抜けたりしたところがあったので、これは経験していけば解消するはずです。道中はずっと左手前に変えられなくて、ようやく変わったと思ったらフォームが崩れたのですが、直線に入ったら今度はスムーズに変えていました。体があったまったのでうまく変えられたのでしょう。返し馬で芝を走ったときも柔らかくてスムーズでしたし、距離はきょうみたいに1800mはあったほうがいいと思います」と細かく振り返ってくれました。また矢野英一調教師は「スローで行った行ったの苦しい展開のなかで、しっかりと末脚を伸ばせて、能力のある馬だと再認識しました。右回りのこの距離が合っていたのでしょうが、東京のダート2100mというのも魅力ですね。このあとはこのまま厩舎で調整していこうかと思います」と話していました。


とりあえず真面目に走ってくれて3着確保。力があるところは見せてくれました。
次も中山ダート1800でしょうか。足元の問題が無ければ、ぜひ芝を試していただきたいところです。
ところで矢野師は府中のダート2100といっていますが、春の東京開催ではレースが組まれていないようです・・・謎です。
スポンサーサイト

ファイブタブレット(引退) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<出資馬近況 | ホーム | ファイブタブレット、中山7R出走>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。