夢は大きく、出費は小さく

社台・G1サラブレッドクラブで一口馬主を細々とやってます。夢は大きくG1制覇!※クラブHPの記事・愛馬情報、画像は社台サラブレッドクラブ、G1サラブレッドクラブの許可を得て転載しています(黄色文字で記載)。他への転載はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ノーブルコロネット、直線伸びず。

2013/1/19 栗東TC
 1月19日(土)中山9R・菜の花賞(芝1600m・牝)に横山典騎手54kgで出走し、馬体重は前走から-4の472㎏でした。レースでは五分のスタートを切ると、無理せず中団馬群の外めで脚を溜めていきました。3~4コーナーの勝負どころでは勝ち馬に付いていくようにスッと上がっていましたが、直線でいざ追い出すとモタモタしてしまい、最後はジワジワ伸びてくるものの、最後は勝ち馬から0.7秒差の7着(同着)まで順位を上げるに留まりました。騎乗した横山典騎手は「道中は行きたい気持ちをコントロールできて折り合いはついていたのですが、いざ追い出すと前と後がバラバラになってしまいました。馬はまだ良化途上という感じで、ここまでの疲れもあるのかもしれませんね。」と肩を落としてコメントしていました。また松永幹師は「輸送は上手くいったので期待していたのですが、ここまでの見えない疲れがあったのかもしれません。ここで無理をしたくない素質馬ですし、明日20日(日)に直接山元TCへ放牧に出して、連戦の疲れを回復させることを優先させたいと思います。」と話していました。


抜けた1番人気に支持されましたが、直線伸びず敗退。ここで無理してもしかたがないので、一旦放牧に出すのは好判断と思います。姉のノーブルジュエリーは休み明けのほうが走る印象なので、この仔もその傾向があるのかも知れません。放牧で立て直してからの奮闘に期待します。
スポンサーサイト

ノーブルコロネット | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ステアトゥヘヴン、出走取り消し | ホーム | ノーブルコロネット、菜の花賞は6枠12番>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。