夢は大きく、出費は小さく

社台・G1サラブレッドクラブで一口馬主を細々とやってます。夢は大きくG1制覇!※クラブHPの記事・愛馬情報、画像は社台サラブレッドクラブ、G1サラブレッドクラブの許可を得て転載しています(黄色文字で記載)。他への転載はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ロイヤルチョイス引退

2012/8/29 栗東TC
 前走後は栗東TCへ無事帰厩していますが、この暑さの厳しい中の輸送競馬でしたので、全体的にレースの疲れは残っています。前走では残念ながら次走への優先出走権(5着以内)を得ることができませんでしたので、今週(9/1.2)の未勝利戦への連闘での出走も難しい状況です。また来週から組まれている限定未勝利戦への出走資格もないことから、今後は除外の可能性を持ちながら格上500万下戦への出走を余儀なくされます。ただしこれまでのレース内容や、手術して改善されているものの喘鳴症(ノド鳴り)の再発の可能性を残したまま、格上クラスで続戦していっても苦戦を免れないものと考えられます。このままでは、維持会費等、会員の皆様へのご負担が大きくなるばかりであると判断し、長浜調教師とも協議した結果、本馬をここで引退させることといたしました。会員の皆様にとりましては、まことに残念なことと存じますが、何卒ご了承賜りますようお願いいたします。なお、本馬の引退の詳細につきましては、後日書面をもってお知らせいたします。


覚悟はしていました。残念ですが仕方ありません。お疲れさまでした。
デビュー前は評判馬と言われた時期もあった気がしますが、難しいものです。
いくらか補償は出ると思いますので、来年度の募集に有効利用したいと思います。
今後の馬選びは、より慎重にしていかなくてはいけませんね。
スポンサーサイト
ロイヤルチョイス(引退) | コメント:0 | トラックバック:0 |

ロイヤルチョイス、掲示板ならず。

2012/8/25 栗東TC
 8月25日(土)小倉3R・ダート1000m戦に▲中井騎手53kgで出走し、馬体重は休養前の前走から-6の506kgと馬体はほぼ仕上がっていました。しかしレースでは、ゲートは五分に出ているものの、ダッシュがつかず後方からの競馬になりました。道中も追っ付けながらの追走になり、直線勝負に賭けたもののジリジリと伸びてきたものの前も止まらず、最後は逃げ残った勝ち馬から1.8秒差の10着まででした。騎乗した中井騎手は「調教の動きは良くなっていたのですが、レースに向かうと道中はハミを取ってくれず、調教での前向きさが活かされませんでした。ノドも調教では問題なかったですが、直線は少し音が鳴っていました。結果を出せず、すいませんでした。」とコメントしており、また長浜師は「調教の動きが良くなっていただけに期待していたのですが、結果に結びつけることが出来ませんでしたね。栗東に戻ってからの状態を確認して、今後の方針を決めていきましょう。すいません。」と頭を下げて話していました。残念ながらここで次走への優先出走権(5着以内)を得られなかったことから、9月の第4回中山開催・4回阪神開催に組まれている限定未勝利戦(前走5着以内もしくは通算5走以内の馬が1回だけ使える未勝利戦)へは出走できないため、今後については調教師と協議していきます。


見どころなくラストチャンスのレースは終了しました。これまで7戦して掲示板にのったのは5着1回。この成績では残念ながら地方挑戦もなくリストラでしょう。神妙に沙汰を待つしかありません。
ロイヤルチョイス(引退) | コメント:0 | トラックバック:0 |

ロイヤルチョイス、ラストチャンス!

2012/8/22 栗東TC
 今週8月25日(土)小倉3R・ダート1000m戦に▲中井騎手53kgで出走を予定しています。想定時点ではフルゲート(14頭)になりそうですが、出走間隔があいていますので確実に出走できます。この中間もしっかり追い切りを重ねており、8月22日(水)はCWコースで併せて追い切り、4Fから52.5-38.6-12.2秒の時計をマークしています。最後までしっかり動けており良い走りでした。また先週末にはゲート練習も行っており、きちんと出ていました。同じ日の(土)小倉・芝1200m戦への出走も検討していましたが、出走想定での相手関係を比較して、こちらのレースを選択しています。ノドの状態も良化していますので、ここは何とか待望の初勝利に近づきたいところです。
2012/8/23 栗東TC
 今週8月25日(土)小倉3R(11:00)・ダート1000m戦に▲中井騎手53kgで出走が確定しています。このレースは14頭立てになりました。


3歳未勝利も終了間近。土壇場に追い込まれたロイヤルチョイスは小倉のダート1000に出走が決まりました。相手は数頭強そうなのがいますが、ここで掲示板を外すと即終了と思われるので激走を期待したいと思います。
ロイヤルチョイス(引退) | コメント:0 | トラックバック:0 |

ロイヤルチョイスの近況

ロイヤル
2012.08.09 栗東TC

2012/8/15 栗東TC
 この中間も順調にキャンター調教を積み重ねており、今週は明日8月16日(木)に追い切りを行う予定です。暑さは引き続き厳しいですが、こちらの環境にも慣れて体調は安定しています。今週の追い切りとその後の状態を確認しながらですが、来週(8/25.26)もしくは再来週(9/1.2)の出走を検討しています。
12/8/16 栗東TC
 予定どおり、8月16日(木)にCWコースで併せて追い切り、4Fから52.6-38.3-12.0秒のやや強めの調教を行っています。体調も安定していて、動きも順調に良化しています。来週の追い切りの動きを見ながらですが、ノドの状態を考慮して来週8月25日(土)小倉・芝1200m戦、または同日(土)小倉・ダート1000m戦での出走を検討していきます。

どうやら来週が出走予定。復帰戦は短距離を予定。できれば芝1200でみたいですね。ラストチャンスになりそうなので悔いのない仕上げでレースに臨んでほしいですね。
ロイヤルチョイス(引退) | コメント:0 | トラックバック:0 |

2012/8/8
栗東TC この中間も、体調を十分に確認しながらキャンター調教を続けており、今週は明日8月9日(木)に追い切りを行う予定です。栗東TCも暑さがかなり厳しくなっていますが、体調は安定しており、飼葉もきちんと食べています。復帰戦に関しては、今週の追い切りとその後の馬の状態を確認しながら検討していくことになりますが、次走でもしも5着以内の優先出走権を外してしまうと、4回中山・4回阪神開催に組まれている限定未勝利戦(前走5着以内もしくは通算5走以内の馬が1回だけ使える未勝利戦)への出走資格がなくなってしまうだけに、体調・馬体ともに出走態勢をきっちり整えてからレースに向かう方針です。
2012/8/9
栗東TC 予定通どおり、8月9日(木)にウッドチップコースで併せて追い切り、4Fから53.7-39.4-12.5秒の時計をマークしています。状態を確かめながら乗っていますが、しっかり時計を詰めて、動きも良くなってきています。ノドの状態も安定していますので、来週からはさらにピッチを上げて、出走態勢を整えていきます。


順調に追い切りを重ねています。具体的な復帰戦はまだ発表されていませんが、ラストチャンスの状態ですので悔いのない選択をしてほしいです。

ロイヤルチョイス(引退) | コメント:0 | トラックバック:0 |

ロイヤルチョイス、復帰間近

2012/8/1
 栗東TC 先週(木)の追い切り後は問題なかったのですが、猛暑が影響したのか、先週末(日)に軽い熱発の症状がありました。すぐに治療を施して、幸い熱は問題なく下がっており、昨日(火)は厩舎周りの運動を行って、体調も安定していることから、本日8月1日(水)から坂路コース入りを再開しています。時計としては、半マイル71.2秒程度ですが、調教後も馬は元気です。今後も馬の体調をしっかり見極めながら、出走態勢を慎重に整えていきます。
2012/8/2 栗東TC
 キャンター調教再開後の体調も安定しているため、8月2日(木)はウッドチップコースで終い重点の強め調教を行いました。4Fから56.1-40.9-12.3秒の時計をマークしています。動き自体は悪くありませんのでしたので、このまま追い切りを重ねて出走態勢を作っていけそうです。

熱発したりで順調とはいえませんが、復帰戦に向けて調整されています。ノドの手術の効果も楽しみですが、いかんせん残された時間は少ないです。渾身の仕上げでの勝ち上がりを祈るしかありません。

ロイヤルチョイス(引退) | コメント:0 | トラックバック:0 |

ロイヤルチョイス栗東へ帰厩

2012/7/20 山元TC
移動後も輸送の疲れは見られず、すぐにキャンター調教を再開しています。現在は、周回コース(1000m)をハロン17~18秒で乗っています。ノドの状態も安定しており、長浜厩舎の馬房の都合もついたことから、明日7月21日(土)に栗東TCへ帰厩する予定です。
2012/7/21 栗東TC
予定どおり、7月21日(土)に栗東TCへ帰厩しました。こちらで調教ピッチを上げながら、出走態勢を作っていきます。

6戦して未勝利の「Mr.崖っぷち」が帰厩しました。ノドの手術の効果でどの程度変るか未知数ですが、残されたチャンスはせいぜい2回程度、もう後がありません。ビシビシ鍛えて、体も絞って大逆転を期待します。
ロイヤルチョイス(引退) | コメント:0 | トラックバック:0 |

ロイヤルチョイス山元TCへ移動

2012/7/18 山元TC
 この中間も、追分Fリリーバレーで順調に調教を進め、坂路コース(1000m)ではハロン15秒ペースの速めの調教も行うなど、調教負荷をさらに上げていました。動きも良化しており、ノドの状態も安定していることから、入厩に向けた最終調整に入るため山元TCへ移動して、7月18日(水)に無事到着しています。札幌開催での出走も検討していましたが、まだ馬体にも若干余裕が感じられるため、栗東TCでレースへの仕上げを行い、復帰は輸送競馬で臨む方針です。今月中の栗東TC帰厩を予定しています。なお出発前の馬体重は520㎏でした。


術後は順調に調整されているようで、山元TCへ移動しています。北海道でミッチリ乗り込んで欲しかった気もしますが、栗東での仕上げに期待します。狙いは小倉の芝1200あたりでしょうか。芝1800あたりも面白そうですが。
ロイヤルチョイス(引退) | コメント:0 | トラックバック:0 |

ロイヤルチョイス近況

2012.06.29
2012.06.29 OFリリーバレーにて

2012/7/9 OFリリーバレー
 この中間も、ノドの回復状態をしっかり確認しながら調教負荷を上げています。現在は、坂路コース(1000m)を中心に毎日2本に増やして、ハロン17~18秒ペースで駆け上がっています。大型馬だけに、まだ息遣いを含めて良化途上の状況ですので、この調子でさらに乗り込んで復帰を目指していきます。現在の馬体重は516kgと、一度緩んだ馬体も徐々に引き締まってきました。


術後のノドのほうは、取り合えず問題なさそうで一安心。ビシビシ販路で鍛えて奇跡の復活をお願いします。札幌芝1500あたりで復帰はいかがでしょう?
ロイヤルチョイス(引退) | コメント:0 | トラックバック:0 |

ノド鳴り

2012/5/14 OFリリーバレー
 無事移動後は、輸送の疲れを回復させてから騎乗調教を再開したのですが、徐々にペースを上げていくと、心配されていたノドの音が気になり始めました。そのため、昨日5月13日(日)に獣医師立会いのもとでノドの内視鏡検査を行ったところ、左側の喉頭片の動きが鈍くなっており、喘鳴症(ノド鳴り)の症状が出ていることが判明しました。程度としては手術を行えばかなり改善されるレベルであると診断されたことから、長浜師と相談のうえ、明日5月15日(火)に社台ホースクリニックにて手術を行う予定です。手術は内視鏡による簡単なものですので、術後の回復を待って改めて復帰を目指します。現在の馬体重は515kgです。

放牧に出されたロイヤルチョイスですが、検査の結果ノド鳴りが判明しました。今から手術して復帰が間に合うのか心配になりますが、なんとか立て直してほしいものです。残されたチャンスは1~2回でしょうか?今までの不振はノド鳴りのせい、と無理矢理思うことにします。希望はまだ捨てていません。
ロイヤルチョイス(引退) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。