夢は大きく、出費は小さく

社台・G1サラブレッドクラブで一口馬主を細々とやってます。夢は大きくG1制覇!※クラブHPの記事・愛馬情報、画像は社台サラブレッドクラブ、G1サラブレッドクラブの許可を得て転載しています(黄色文字で記載)。他への転載はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ステラスターライト引退、繁殖へ

2015年12月18日 山元TC
 後肢の治療を入念に行ってきましたが、左後肢の歩様の違和感は解消されず、筋力の低下に加え、骨盤の歪みが顕著になってきて、立ち姿もだんだんと左側へ傾いてしまう状態になってしまいました。社台ホースクリニックの獣医師の診察も受けたところ、ここからの回復は時間を要するだけでなく、確実に出走できる態勢まで戻ることは難しいとの見解でした。この状況を踏まえて、堀調教師をはじめ関係者間で協議を行った結果、このままでは維持費出資金など会員さまのご負担ばかりが増大してしまうことから、ここで現役を引退し、繁殖入りすることを決めました。
3月の中京戦に出走後は、あと少しのところで、なかなか態勢が整わず、一進一退の調整が続いた結果、今回の引退となってしまいました。本馬の出走を心待ちにされていた会員様にとりましても、まことに残念なことと存じますが、なにとぞご了承賜りますようお願いいたします。


残念ながら姉ノーブルコロネットより早く引退となってしまいました。新馬戦で見せた素質の高さは本物と思っていますが、如何せん体質が弱すぎました。母馬となって元気な仔を生んでほしいですね。お疲れ様でした。
スポンサーサイト
ステラスターライト | コメント:0 | トラックバック:0 |

ステラスターライト近況

2015年04月14日 山元TC
 騎乗調教再開後は順調にピッチを上げており、坂路コースをハロン17-16秒ペースで2本元気に駆け上がっています。放牧当初に感じたトモの疲れも癒えていて、状態は上向いてきていることから、先週末よりサッとハロン15秒ペースの速め調教を乗り始めています。このままコンスタントに速め調教を重ねて帰厩の態勢を作っていきます。仕上がり状態を確認しながらですが、5月17日(日)東京・芝1400m戦、または5月31日(日)東京・芝1400m戦あたりでの出走を目標にしたいと考えています。現在の馬体重は475kgです。


まずは順調な回復を見せて一安心。距離短縮での飛躍に期待しています。
ステラスターライト | コメント:0 | トラックバック:0 |

ステラスターライト近況

2015年03月28日 山元TC
 放牧後の馬体チェックではトモに疲れが感じられたため、ショックウェーブなどで重点的にケアを行いました。今週に入って、疲れが癒えてきたことで、歩様の硬さもほぐれてきたことから、3月25日(水)より騎乗調教を再開しています。現在はハロン20-17秒ペースで周回コースを1000mと坂路コースを1本のメニューです。動きは安定していますので、このまま調教を進めていきます。飼葉食いが良く、短期間ではありますが無理せずリフレッシュに専念したことで目方は470kgまで増やしており、馬体の回復は順調です。


レース後の反動はなさそうで一安心しました。
ステラスターライト | コメント:0 | トラックバック:0 |

ステラスターライト放牧へ

2015年03月18日 山元TC
 レース後、脚元は特に問題ありませんでしたが、全体的に硬さが感じられるため、昨日3月17日(火)山元TCへリフレッシュ放牧に出ました。到着後の状態を見ながらどこに向かうかを判断します。現時点では、5月3日(日・祝)東京・芝1400m戦が候補にあがっています。
「まずは疲れを癒やして、今後について考えていきましょう。4月12日(日)中山・デイジー賞(芝1800m・牝馬限定戦)という番組もありますが、前走デムーロ騎手が話していたように、距離は短めの方が良さそうです。そのため、東京・芝1400m戦あたりがいいのではないでしょうか。あくまで状態を見たうえで決めていきます」(堀調教師)


個人的にはオークストライアルにチャレンジしてほしいですね。脚元がとりあえず無事なのは何よりです。
ステラスターライト | コメント:0 | トラックバック:0 |

フローラルウォーク賞は4着

2015年03月14日 美浦TC
 3月14日(土)中京10R・フローラルウォーク賞(芝1600m)に54kgM.デムーロ騎手で出走し、馬体重は休養前の前走から+8の456kgでした。
レースでは、スタートで若干遅れましたが、すぐに集団に取り付きました。少頭数で一塊の馬群の中4・5番手を追走し、道中は我慢しながら脚をためていきました。直線、内から外めに出して追い出すと伸びてきましたが、ジリジリとした脚色で、キレ味に勝る馬や前でレースを進めていた馬に差をつけられてしまいました。最後は3頭横並びとなった1着争いから若干離れた4着でのゴールとなりました。タイム差は0.6秒でした。
「トモの踏み込みなど、状態面で気になるところはありませんでした。最後までよく走ってくれましたが、前をいく相手が強かったですね。今日乗った感触だけですが、いいスピードを持っていると思いましたので、もう少し短い距離を試すプランを考えても面白いかもしれません」(M.デムーロ騎手)


休養明けで牡馬の骨っぽい相手とは荷が重かったようです。まずはレースの反動が出ないことを願います。
ステラスターライト | コメント:0 | トラックバック:0 |

ステラスターライト近況

2015年02月14日 山元TC
 予定どおり坂路コース入りを2本に増やし、ペースもハロン17-16秒ペースに上げて乗り込んでいます。脚元の状態は問題なく、後肢の踏み込みも安定してきて、この中間にグングンと良化を見せています。今週より、まずはサッと坂路コースでハロン15秒ペースの速め調教も取り入れ始めましたが、良い動きを見せていました。調教を進めても馬体重は468kgとしっかり維持しています。今後の動きや状態次第ではありますが、このまま順調ならば、3月の復帰を視野に入れられるくらいの具合になってきました。今のところ3月14日(土)中京・フローラルウォーク賞(芝1600m)が候補に挙がっています。週2回ペースで速め調教を重ねて、帰厩の態勢を作っていきます。


意外に早く復帰予定が出てきました。なにより無事にターフに戻ってきて欲しいです。
ステラスターライト | コメント:0 | トラックバック:0 |

ステラスターライト近況

2015年01月14日 山元TC
 ウォーキングマシンでの歩様はしっかりと安定してきており、予定どおり先週1月5日(月)から騎乗調教を再開しました。まずは常歩運動で跨った感触を確かめて、問題なかったことから、坂路コースに入っての軽めキャンターへと進めています。念のため調教後の馬体のケアは欠かさず丹念に行っていますが、右後肢を含めて動きはスムーズです。まずは状態を確認しながらじっくりと乗り込み、ペースアップしていくための態勢を整えていきます。乗り出してからも馬体重は変わりなく467kgです。


無事に騎乗調教再開まで漕ぎつけました。焦る必要はありません。このまま頓挫なく進んでほしいです。
ステラスターライト | コメント:0 | トラックバック:0 |

ステラスターライト近況

2014年12月14日 山元TC
 引き続き馬体のケアを行いながら動かしており、ウォーキングマシンでの運動時間を現在は50分間まで延ばしています。右後肢の歩様はだいぶ良くなってきていますので、この調子でしっかり歩かせながら、騎乗再開までに少しでも力強く踏み込めるようにしていきます。コンディションは問題なく、現在の馬体重は467kgです。


とりあえずは回復しているので一安心ですが、騎乗運動再開後のトラブルが心配です。
ステラスターライト | コメント:0 | トラックバック:0 |

ステラスターライト近況

2014年11月28日 山元TC
 股関節を中心にケアを重ねており、右後肢の歩様はだいぶ安定感が出てきたことから、ウォーキングマシンでの運動を開始しています。現在は20分間ですが、このまま歩様の良化が図れれば、徐々に運動時間を延ばしていく予定です。飼葉はきちんと残さず食べていて、馬体重は464kgです。この休養期間に心身ともにさらなる成長ができるようにも促していきます。


焦らず回復を待つよりありません
ステラスターライト | コメント:0 | トラックバック:0 |

ステラスターライト近況

2014年11月14日 山元TC
 放牧後も入念に馬体チェックを行っています。まだ右後肢の運びにぎこちなさは残るものの、ひと息入って休んでいることで徐々に症状は軽くなってきているように感じます。古い骨片が見つかった右後肢球節部分の状態は安定していますので、歩様の乱れの原因となっている可能性がある股関節を中心にショックウェーブ治療やストレッチを丹念に行って、さらなる改善を図ってから騎乗調教への進めていきたいと考えています。体調面は変わりなく飼葉も食べていて、馬体重は459kgまで回復しています。


回復傾向なのは良かったですが、股関節を痛めたとなると厄介です。もともと奥手の血統だけに、焦らず慎重に進めてほしいですね。
ステラスターライト | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。