夢は大きく、出費は小さく

社台・G1サラブレッドクラブで一口馬主を細々とやってます。夢は大きくG1制覇!※クラブHPの記事・愛馬情報、画像は社台サラブレッドクラブ、G1サラブレッドクラブの許可を得て転載しています(黄色文字で記載)。他への転載はご遠慮ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

レオニーズは弾けず7着。

2015年05月31日 美浦TC
 5月31日(日)東京8R・青嵐賞(芝2400m)に田中勝春騎手57kgで出走、馬体重は前走から変わりなく494kgでした。揃ったスタートを決めると、道中は縦長になった馬群の中団から構えていきました。その後、直線を向くと馬場の真ん中から追い出されて伸びてきましたが、突き抜けるまでの脚がなく、勝ち馬から0.3秒差の7着でゴールしています。
レース後、田中勝春騎手は「道中、スムーズに運びすぎたでしょうか。それに少し息遣いがよくない面がありましたし、本当の状態ではなかったのかもしれません」と話しており、小島茂之調教師は「年明けから6走めでしたし、長い距離を走ってきたこともあって、見えない疲れが出てきてしまったのかもしれません。このあとは週明けにも放牧して、リフレッシュさせてあげたいと考えています」とコメントしていました。


一休みして、更なる飛躍を目指してほしいです。
スポンサーサイト
レオニーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

レオニーズは3着

2015年04月04日 美浦TC
4月4日(土)中山・安房特別(芝2500m・ハンデ54kg)に田中勝春騎手で出走、馬体重は前走から4kg減の496kgでした。スタートから押していきましたが無理に位置を取ることはせず、後方に控えて最初の3~4コーナーへと入っていきました。道中は縦長で流れる展開で、後ろから4~5頭めの位置を追走しました。3コーナーでレースが動き始めて馬群が凝縮し、内めを手応え良くまわって直線へ。内めから大外に切り返し、坂を駆け上がってから鋭い伸びを繰り出しましたが3着に上がったところがゴールでした。勝ち馬からはハナ、1/2馬身で、負けてしまったものの昇級戦ということを考慮すると内容の濃い1戦でした。
騎乗した田中勝春騎手は「道中は折り合いも取れていい感じでしたが、3~4コーナーで内にもたれてしまいました。それがなければもう少し離されずに済んだはずです。以前よりもコントロールがしやすくなって、これぐらいの距離でも対応できるようになりました」とコメントしています。
また、小島茂之調教師は「早めに仕掛けていくのかなと思っていましたが、追い出しを待ったことで切れ味を引き出してくれました。追い出しのタイミングが早くても遅くても、長い距離なら安定して走れることが分かりました。今年に入って今日が4走めですし、まだ頑張ってもらわなければなりませんので、ここで一服を挟みたいと思います。状態をみて、東京の芝長距離レースを狙っていきましょう」と話していました。週明けに美浦TC近くの外厩・セグチレーシングステーブルへ放牧に出る予定です。


直線入り口では絶望的な位置でしたが、良く脚を伸ばして僅差の3着でした。能力的にこのクラスでも通用することが確認できましたし、一息入れての更なる躍進を期待したいですね。距離延長で左回りを克服できれば更にいいのですが。
レオニーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

レオニーズ、安房特別出走

2015年04月02日 美浦TC
 今週4月4日(土)中山10R・安房特別(芝2500m・ハンデ)に田中勝春騎手54kgで出走が確定しています。きのう1日(水)はウッドチップコースで4Fから51.7-37.9-12.8秒の時計を馬なりでマークしました。前走で2400mの距離をクリアし、新境地を開拓することができました。昇級緒戦で条件は厳しくなりますが、得意の中山コースでどういうレースができるか楽しみの方が大きい1戦です。


昇級緒戦で青葉賞2着の実績を持つエタンダールを筆頭に相手も強力です。胸を借りるつもりで、掲示板確保を目指してほしいですね。
レオニーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

レオニーズ辛勝で2勝目をあげる

2015年03月15日 美浦TC
 3/15(日)阪神7R・芝2400m戦に福永騎手で出走、馬体重は前走から2kg減の500kgでした。五分のスタートから馬なりで進んでいき、道中は中団をリズムよく追走していきました。3~4コーナから外を通りながらジワジワと進出し、好位集団に取りつきました。直線を迎えると鞍上のゴーサインに応えて1完歩ずつ前に詰め寄っていき、直線半ばで先頭に立ちました。その後、後続1頭に際どく迫られましたが、最後はハナ差凌ぎ切り、見事に1着で入線しています。勝ちタイムは2.29.5、嬉しい2勝目をマークしています。
レース後、福永騎手は「気の悪いところがあると聞いていて、道中で少しそういう素振りもありましたが、特に問題はありませんでした。馬群の中に入れるように指示を受けていましたが、良いポジションで走れていたので勝負所では外を回りました。直線では抜け出しが早くなって最後は際どく詰め寄られましたが、何とか凌ぎ切れてよかったです。上のクラスでも通用の余地はあると思います。ジリジリと脚を使うタイプなので今日ぐらい距離はあった方が良さそうです」とコメントしていました。


中山戦が除外となり急遽阪神戦に廻りました。直線は早めに抜け出してしまい、最後は交わされたと思いましたが、ハナの差残していました。うれしい今年の初勝利となりました。輸送の反動がなければ続戦でしょうか。クラスが上がっても楽しみです。
レオニーズ | コメント:2 | トラックバック:0 |

レオニーズは連闘も5着まで。

2015年01月25日 美浦TC
 1月25日(日)中山12R・芝1800m戦に吉田豊騎手56kgで出走、馬体重は前走から4kg増の502kgでした。一団となった馬群の内、7番手あたりで1コーナーへと入っていきました。馬群のちょうど真ん中あたりを追走、そのままインコースを回って直線に入りました。前があくまで少し追い出しを待たされましたが、バラけてからは良く伸びて5着で入線しています。勝ち馬からは0.4秒差でした。
 レース後、吉田豊騎手は「調教師から馬群を割ってほしいとの指示がありましたので外を回しませんでした。3〜4コーナーでもう少しうまく捌けていれば際どい勝負になったと思います。直線でバラけてからはよく伸びてくれました」と、また小島茂之調教師は「連闘だったので気持ちも乗ってくるかと思っていたのですが、意外とズブくてもう少し距離があった方が良さそうですね。このあと4節以内で東京を使うか、スキップして中山に備えるかは状態をみて判断したいと思います」と話していました。


しっかりと掲示板は確保してくれました。連闘で無理したこともあり、東京はパスして中山に備えてほしいところです。
レオニーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

レオニーズ、急遽連闘が決まる

2015年01月22日 美浦TC
 今週1月25日(日)中山12R・芝1800m戦に吉田豊騎手56kgで出馬投票して出走が確定しています。同レースは14頭立てとなりました。連闘のため今週は軽めの調整でしたが、状態的には絶好調を維持しています。右回りの1戦にこだわったここは、何とか結果を出してもらいたいところです。
2015年01月22日 美浦TC
 【速報】今週1月25日(日)中山12R・芝1800m戦に出馬投票していくことになりました。きょう22日(木)になって小島茂之調教師から、状態のいいときに使いたいのと、右回りのレースにこだわりたいことから、今週連闘で出走させたい意向が示されました。とにかく右手前で走るのを嫌がる馬で、これまでも左回りのレースだと、コーナーを廻るときに左手前に替えようとして不正駆け足をしたり、ずっと左手前で走ってくると直線では右手前にならざるをえないことから、これらの要因が影響して左回りで成績を残せていないのではないか、とプロの目から見た視点で分析がありました。今回は小島茂之調教師の意向に沿うことにしたもので、騎乗騎手については最後までしっかりと追ってくれる騎手を人選中です。


急遽、連闘での出走が決定しました。疲れさえなければ得意の中山コースで好走が期待できそうです。
レオニーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

レオニーズ近況

2015年01月21日 美浦TC
レース後も変わりありません。前走は負けてしまいましたが見どころのある走りを見せてくれました。このまま在厩して2月7日(土)東京・芝1800m戦、2月15日(日)東京・芝2400m戦のどちらかを予定しています。前走で騎乗した田中勝春騎手は「ハミ掛かりが良かったため、1800mの方がいいのではないか」と話していました。


どうも東京コースで好走するイメージが湧かないですが、鞍上は変えずに行ってほしいところです。
レオニーズ | コメント:2 | トラックバック:0 |

レオニーズ、3着惜敗

2015年01月18日 美浦TC
 1月18日(日)中山12R・芝2200m戦に田中勝春騎手56kgで出走、馬体重は前走から8kg増の498kgでした。揃ったスタートを切るとスッと行き脚がついて、先団馬群から進めていきました。道中はしっかりと折り合い、直線の入口で外へと持ち出されて追撃態勢に入ると、鋭い伸び脚をみせて勝ち切るかに思われましたが、最後は後方の2頭の強襲にあい、ハナ、ハナ差の3着に惜敗しています。
レース後、田中勝春騎手は「調教師から『よーいドン』の競馬になると分が悪いと言われていたので、自分から積極的に運んでいくイメージを持っていました。レースではスタートを出てくれましたし、スッと行き脚が付いたので、ハナへと言ってしまってもいいかなと思ったぐらいでした。最後もよく伸びていましたし、昨年跨った時よりも馬は良くなっていましたよ」と話しており、
小島茂之調教師は「この中間から動き、馬体ともに良化している印象でしたし、やれるイメージを持っていました。近走は結果が出ていませんでしたが、久々に力があるところを見せることができて良かったです。手前の関係からどちらかと言えば、右回りの方がいい馬ですが、次は左回りの東京開催でそんなことも言っていられません。馬が良くなっているのは間違いありませんので、東京で続戦していきたいと考えています」とコメントしていました。


ゴール前の競り合いに興奮しましたが、わずかに及ばず3着。東京コースは相性が悪いので中山開催まで待つのもアリと思いますが。
レオニーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

レオニーズ出走

2015年01月14日 美浦TC
 今週1月18日(日)中山12R・芝2200m戦に田中勝春騎手56kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて12頭の出走表明にとどまっています。今週はあす15日(木)追い切ります。小島茂之調教師「きょう自分が乗ってみましたが、トモの状態もノドの状態も良くなってきています」とコメントしていました。


そろそろ結果を出さないとリストラされかねません。
レオニーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

レオニーズ近況

2014年12月25日 美浦TC
 1月12日(月・祝)中山・芝2000m戦、1月18日(日)中山・芝2200m戦のどちらかに田中勝春騎手で出走を予定しています。きょう25日(木)はウッドチップコースで5Fから71.5-54.9-40.0-13.6秒の時計を馬なりでマークしました。レースまで乗り込みを重ねていきます。


中山の芝は合いそうですね。
レオニーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。